Home
(Japanese)

ライン
近況と
最近の話題


研究内容


原著論文

総説など


お知らせ

データ集

リンク集

Home
(English)


ライン
Home (Japanese)

分子医学部門
公式H



札幌医科大学医学部

分子医学研究部門 
 研究室紹介

ライン
***このページは2001年3月13日に更新しました***

I.研究テーマ

分子医学研究部門とは?
研究の流れは?
研究プロジェクトは?
これまでの仕事の簡単な紹介

II.大学院生の研究について

III.研究設備と実験室のセットアップ

*******


分子医学研究部門とは? −−− 大学院専攻科の研究部門です。

分子医学研究部門は、札幌医科大学の大学院専攻科を担当する研究部門です。

癌を初めとする難病に対する新しい治療法の開発を中心テーマとしています。

遺伝子治療、再生医療などの先端的研究を進めることを通じて、大学院の教育研究活動の充実化を図っていきます。



トップへ戻る
*******

分子医学研究部門での研究の流れは? −−− 難病の治療法の開発で、基礎と臨床の橋渡しを目指します。

難病に対する新しい遺伝子治療法の開発を目指して:
 当研究部門では、癌をはじめとした難病の本質的な治療法の開発に取り組み、遺伝子治療法開発の大きな流れを形成してゆけるような研究室造りをめざします。

研究の流れは以下のようになります:

1) 細胞や組織の培養・移植法や分化誘導法の基盤技術、あるいは、細胞への遺伝子導入・発現のための基盤技術の基礎研究

2) それを用いて、難治疾患の治療のポイントとなる病態の分子細胞生物学的な機構を理解

3) ヒトの疾患病態をよく反映した実験動物モデルによる遺伝子治療実験を行って仮説を検証

4) さらに、臨床グループとの共同研究により、難治疾患を実際に治癒させうる分子生物治療の樹立

5) 臨床研究のインフラを充実したものにしてゆくことにも意欲的に取り組んで行きます。


トップへ戻る
*******

分子医学研究部門の研究プロジェクト

A. 遺伝子治療
1.遺伝子治療のための基盤技術の開発

2.癌に対する遺伝子治療法の開発
(a)抗腫瘍免疫の制御
(b)腫瘍の標的化・特異的細胞傷害
(c)血管新生・浸潤転移の制御

3.難治疾患に対する遺伝子治療法の開発

(a) 腫瘍血管新生・血管病変・炎症反応の制御
(b) 特異的な免疫寛容の誘導
(c) 幹細胞の基礎生物学と遺伝子治療への応用

B。 再生医療 (Tissue Engineering)
1.骨髄幹細胞
2.ES細胞からの分化誘導
3.皮膚、骨軟骨


トップへ戻る
*******

これまでの仕事の簡単な紹介

以下に当グループで今まで行ってきた仕事の一端を簡単に紹介します。最近の研究の詳細については、研究内容のページ原著論文総説などをご覧ください。


1) 遺伝子治療のための基盤技術の開発:
細胞側の受容体分子との吸着を担うファイバーに変異を導入することによって、癌細胞の特異的標的化が可能な変異アデノウイルスベクターのシステムを確立しております。 治療への実用化を目指して準備を進めています。

2) 癌に対する遺伝子治療法の開発:
レトロウイルス、アデノウイルスなどの組み換えウイルスベクターを用いて、薬剤感受性遺伝子や癌抑制遺伝子などを腫瘍細胞へ導入する細胞傷害誘導療法、特異的な抗腫瘍免疫を増強させる免疫遺伝子療法の2つの戦略を中心に基礎研究を行っています。

3) 炎症・免疫疾患、移植拒絶などに対する遺伝子治療法の開発: 
 a) 人工血管移植後の血管再閉塞の防止を目的に、内皮細胞へのtPA などの遺伝子導入治療効果を検討してきました。
 b) 異種肝移植、膵ラ氏島移植などの動物モデルで、移植拒絶に対する遺伝子導入を利用した治療効果を検討しています。 
 c) 骨髄幹細胞を用いた治療法の検討: マウスの CD34 に対する単クローン抗体を作成し、従来の予測に反して、マウスの CD34 陰性細胞に骨髄幹細胞としての機能があることを示しました。現在は、骨髄幹細胞の分化を抑えて大量に増殖培養する基盤技術の開発に力を注いでいます。


*******


トップへ戻る


日本語フロントページへ