RESULTS


2003年度 北海道学生サッカーリーグ結果報告(3部EASTブロック)

第1節  8月30日(土) 11:00キックオフ
        夕張平和運動公園サッカー場

札幌医科大学 1 − 0 旭川大学

 この日の試合は、我が札幌医科大学サッカー部にとって、大事な一戦であった。早くからリーグでの2部昇格に標準を合わせてきた今年のサッカー部にとって、どうしても勝っておきたい初戦。まして、3部で優勝するのは一回でも負けると厳しくなる。相手は昨季まで2部にいた旭川大学。早くも正念場を予想させるには十分だった。

 前半、最初に試合の主導権を握ったのは旭川大学の方であった。敵の巧みなパスワークに中盤は支配され、逆にこちらはボールを奪ってもなかなかゴール前までもっていくことが出来ない。MF片野、押切がなんとか盛り返そうと個人技でキープするも、リズムはなかなか修正出来なかった。エースであるFW宮川までにもボールはなかなか届かず、チーム全体に苛立ちも見え隠れしたが、そんな中踏みとどまってくれたのがDF陣である。敵FWJの荒々しい突破も果敢に止めに入り、また突破を許してもGK大月が好セーブを連発。また、MF船山、松田のサイドでの堅守も相手攻撃に幅が生まれるのを良く防いだ。次第にずれていた歯車が噛み合い始める。前半を終える頃には互角以上の内容を見せた。

 後半になるとこちらのペースは磐石だった。敵はFWJのたまに見せる個人突破以外には攻め手を欠き、逆にこちらはシュート数も増し相手に焦りと苛立ちを贈った。だが、それはこちらも同様だった。攻めても攻めても点が入らず、ベンチからも溜め息が漏れ始める。相手も盛り返し、試合はこのまま終わるかに思えた後半ロスタイム、FW宮川が出したパスにMF押切がすばやく反応、シュートはポストに当たりながらもしぶとくネットに突き刺さった。




第2節  8月31日(日) 13:00キックオフ
        夕張平和運動公園サッカー場

札幌医科大学 5 − 2 旭川医科大学

 昨日の接戦から一夜明けたこの日、旭川医科大学との試合は行われた。旭川医科大学とは、今シーズンも手を合わせたことがあり、また旭川医科大学は今年の北医体で3位になっていることからも苦戦が予想されていた。だがそんな予想は、開始早々MF松田によって打ち砕かれることとなる。

 前半5分、左サイドでボールを受けた松田はそのまま駆け上がる。十分に敵を引き付けFW宮谷内へ渾身のスルーパスを放つ。そのボールを受け取ったFW宮谷内は打ち抜くようにペナルティーエリア外からのシュートを決め、あっさりと先制点を奪う。直後、またもMF松田が左サイド奥でボールをキープ。駆け上がるFW陣を囮にマイナスの位置で待つボランチ片野にボールを落すと、片野がロングシュートを豪快に決め相手を突き放す値千金のゴールを決める。流れを手にした札幌医科大学は相手に倍するシュートを放ち、完全に試合を掌握。FW宮川が個人技から25分、28分と立て続けにゴールを揺らし、最後はFW宮川のボールをMF押切が押し込むという昨日と同じシュートで前半を5−0で折り返した。

 後半、それは大量リードによる油断からか、もしくは相手が修正できたのか、前半からは想像出来ないような接戦を展開する。相手のゴールは今更試合の結果には影響しなくとも、リーグ戦としては好ましくない。そんな気持ちの現われからか、相手フリーキック時にボールの前に入ったMF押切に遅延行為をしたとして無情のイエローカードが出される。その後、80分、89分にゴールを許し、スコアを5−2まで詰められることとなった。リズムを崩した札幌医科大学には、追い討ちをかけるようにFW宮川にもイエローカードが出されることとなった。




第3節  9月13日(土) 14:15キックオフ
     江別市・情報大学グラウンド

札幌医科大学 3 − 2 札幌国際大学

 夏休みも終わり、5・6年生以外はテスト期間中の中での試合でありましたが、選手以下われわれサッカー部一同は、日ごろの練習の成果を発揮しようとモチベーション高く国際大学の試合に臨みました。

 この日は朝からぐずついた空模様で、いつ雨が降ってもおかしくない状況でした。また、前日も雨が降っていたのでピッチコンディションは最悪でした。グラウンドのあちこちに大きな水溜りがあり、今回の試合が荒れることを予感させるものでした。このような不安の残る中、試合が始まりました。

開始まもなく雨が降りだし風も強くなってきました。選手はボールを追って水溜りに足をとられたり、パスしたボールが水溜りで止まったりと、いつもとは違う状況下に戸惑いました。しかし、リーグ戦でここまで全勝という成績が物語るように、札医には勢いがありました。その勢いで何とかなるのでは、という雰囲気がどこかにありました。その中で惜しいシュートがありましたが、相手キーパーの好セーブに阻まれたり、ゴール前の水溜りでボールが止まったりと、なかなか点を取ることができませんでした。そうこうするうちに時間だけが過ぎていき前半が終わりました。

いつものハーフタイムなら的確な指示を監督が出してくれるのですが、この試合には監督は来られませんでした。これといった作戦変更も無く後半が始まってしまいました。

後半が始まっても膠着状態が続き、なかなか点が入りませんでした。そんな中、後半23分に国際大の5番にゴールを決められてしまいました。この1点で札医イレブンは完全に目を覚ましました。格下相手の国際大に負けては念願の2部昇格はついえる、そのことはみんな分かっているので、とにかく点を取ることだけに集中し出しました。そして、後半28分、札医の30番小泉(2年)が、ペナルティーエリアの外から強烈なシュートを放ち、ついに同点にしました。勢いにのった札医は後半31分、札医の19番押切(2年)が、壁の上を行くFKを見事に決めて逆転に成功しました。チームの士気は一気に上がり、後はこの1点差を守れば勝利は札医のものでした。しかし、後半43分に国際大にFKを与えてしまい、国際大4番に鮮やかなFKを決められ22の同点にされてしまいました。みんな唖然とすると同時に、残り2分なんとかしようとみんな力を振り絞って走り回りました。そして、もうだめかと思った後半45分、札医の14番宮川(6年)が逆転弾を叩き込みました。そして終了のホイッスル。

結果32の危ない試合でしたが、何とか勝つことができ今回の試合でみんな精神的に強くなったと感じました。最後の最後まであきらめない根性・精神を持っていたからこそ、今回のような劇的な逆転ができたのだと感じました。この経験を糧に次の試合も全力を尽くしたいと思います。




第4節  9月27日(土) 13:00キックオフ
     幕別町・札内川河川敷サッカー場

札幌医科大学 4 − 0 帯広畜産大学


 帯広畜産大学との戦いは次の週に控えるリーグ戦一番の山場、釧路遠征を前にしての大きな山場です。今まで全勝の札医は、この試合をとれば次の釧路遠征に弾みがつき、2部リーグ昇格が目前に迫ります。そのことを胸に秘めて、我々サッカー部一同は、20日、21日の帯広での試合のため、前日の19日に貸しきりバスで帯広に向かい、夜の9時に帯広入りしました。みんな次の日の試合に疲れを残さないように、旅館に着くと早々に床に就きました。

 次の日の試合当日、札幌と違い風が冷たく今にも雨が降りそうなぐずついた空模様だった。しかし、そのようなことに気をとられることなく、2部昇格の前提条件になる帯広遠征の重みを噛み締め、試合開始のホイッスルが鳴りました。

 試合が始まった時は、みんな点を取ろうと躍起になり攻撃のリズムが良くありませんでした。しかし、徐々にボールを支配し始め、前半35分に19番押切(2)が、14番宮川(6年)からのゴール前での絶妙のパスを見事にゴールに突き刺した。この1点で札医の動きに落ち着きが出始め、なんなく前半を終わりました。前半の終わり頃から強烈な雨が降り出しましたが、札医もこのような悪いコンディションの中、良いリズムで前半を終わる事ができ、満足のいく前半でした。

 後半が始まると駄目押しの追加点を狙いに札医イレブンは奮闘しました。しかし、さすがに2部昇格を狙うだけの力をもつ帯広畜産も、必死になって点を取りにきました。そのなか札医の安定感抜群の4枚のディフェンスは、帯広畜産の思いを断ち切るかのように鉄壁の守備を披露しました。そうこうするうちに、後半30分に10番宮谷内(4年)が、14番宮川のアシストで2点目を決めました。それから、帯広畜産は勢いを失い札医は、畳みかけに入りました。後半33分に30番小泉(2年)のパスを受けた10番宮谷内が3点目を決め、36分に10番宮谷内のドリブルシュートで4点目を取りました。

 終わってみると4対0の圧勝で帯広遠征の緒戦を飾りました。




第5節  9月28日(日) 11:00キックオフ
     幕別町・札内川河川敷サッカー場

札幌医科大学 13 − 0 旭川東海大学

 試合当日、昨日と同じような天気で曇っていて、雨が降りそうな天気でした。昨日までは帯広に来た初日という事もあり、札幌より風が冷たく感じられ幾分戸惑いいささかの不安がありました。しかし、もう同じグラウンドでの試合2日目で、アウェーの感覚は無く完全に慣れきった感じでした。そして、今回対戦する旭川東海の前日の試合を観戦済みで、相手のウィークポイントを分析済み(ディフェンスラインの押上げが無い等)だったので、試合前にするべき準備は十分でした。

 一方、前日の勝利でチームのモチベーションはグンと高まり、今回の試合は勝って当たり前という雰囲気がありました。また、実力的に見ても明らかに札医のほうが上なので、取りこぼしをしないように気を付けることが重要でした。油断してこんな所に負けてたまるかという強い意志でこの試合に臨みました。そして、気持ちよく次の釧路での頂上決戦に持ち込もうと一致団結しました。

 そんな中、ついに開始のホイッスルが鳴りました。まずは先取点を取って試合の流れを札医ペースにしようと、初めから札医は飛ばしていきました。しかし、初めは札医の熱い思いが空回りし、攻め込まれるシーンが何度かあり、ヒヤッとさせられる場面もありました。そんな険悪なムードの時、キーパー、ディフェンスからの前線の選手を奮い立たせる大きな声が、チーム全体に活気を生み出しました。「声出していこーぜー」、「ナイラン、ナイラン」(nice run の略)、「ナイディー、ナイディー」(nice difence の略)。こんな掛声だけでも、イレブン全員がこう叫ぶと自分たちの嫌なムードが払拭され、試合開始の時のような高いモチベーションを生み出すことができました。そして、開始9分、10番宮谷内(4年)の放ったシュートがポストに弾かれ、こぼれ球に素早く反応した19番押切(2年)が7番筬井(3年)にパス、筬井が右隅にシュート。これが見事にゴール右隅に突き刺さり、念願の先取点を取ることができました。これで一気に盛り上がり、次は試合を決める追加点を狙いに行きました。相手旭川東海のイレブンは完全に浮き足立っているように見えました。この時の札医は、この絶好のチャンスを逃しませんでした。旭川東海が平常心を取り戻す前の前半10分、ディフェンスラインから駆け上がってきた18番池田(3年)のロングパス14番宮川が受け、これを冷静に決めて2点目を決めました。

 もうこれで完全に札医のペースになりました。前半24分の10番宮谷内の3点目のゴールは、相手の戦意を喪失させるには十分なものでした。これ以降は安定した戦いができ、前半28分の19番押切、40分の6番小路(1年)、43分の10番宮谷内、45分の7番筬井のゴールで前半だけで7点をもぎ取りました。

勝利を確信した札医は、後半は完封で抑えることを目標にしました。札医は、後半も前半のペースを維持し続け、後半10分の10番宮谷内のゴールに続き、14番宮川は4点を取り、途中出場の4番俵(4年)も点を決め、後半に6点を取りました。

結果、13対0の圧勝で札医が勝ちました。点を取れる時にはきっちり取っておくという点では、成長した札医のサッカーができた良い試合でした。これで気持ちよく再来週の釧路決戦を迎える準備が整い、満足して帰路に就くことがことができました。




第6節  10月4日(土) 11:00キックオフ
     釧路・鶴居村広場サッカー場

札幌医科大学 1 − 2 釧路公立大学

 ここまでリーグ5連勝と好調な札医大は、同じく5連勝中の釧路公立大との試合に臨んだ。ピッチは芝で良く整備が行き届いていて、かなり良い状態である。天気は晴れ。しかし会場は釧路で、札医大はアウェーチーム。前日のバスでの移動のため、コンディションはかならずしも良いとは言えないが、首位決戦に臨む選手達のモチベーションはかなり高い。

 前半は一進一退の攻防が続く。札医大のディフェンスラインは相手に決定機を作らせない。これまでのリーグ1試合の平均失点は1点に満たない。まさに鉄壁である。また攻撃陣も爆発的な得点力を有しており、これまでのリーグ1試合の平均得点は5.2点。しかしチャンスを何度も作り出すものの、なかなかゴールに結びつかず、0−0のまま前半を終える。

 後半に入って、試合が動いた。後半22分、釧路公立大が直接フリーキックのチャンスを得る。蹴られたボールは壁の間をすり抜け、札医大のゴールネットを揺らした。0−1。

しかしそのわずか5分後、DF池田(3年)のセンタリングを途中出場のMF松田(4年)が決め、1−1の同点とした。よしいける、という思いを全員が持った瞬間であった。だがそんな思いを打ち砕くかのように、ロスタイムの悲劇は起こった。釧路公立大のコーナー付近でのフリーキックというピンチ。蹴られたボールはあがってきていた相手DFの頭にタイミング良く合い、1−2と逆転されてしまう。

 その後の奮闘もむなしく、1−2のまま終了のホイッスルを聞く事となった。この首位決戦に敗れてしまった事で、自力優勝の可能性は消えてしまった。さらに、エースのFW宮川(6年)、ゲームメーカーのMF押切(2年)がこの試合のイエローカード累積によって、次節の釧路教育大との試合には出場できなくなってしまった。ここにきて札医大は完全にがけっぷちに立たされてしまうこととなった。




第7節  10月5日(日) 13:00キックオフ
     釧路・鶴居村広場サッカー場

札幌医科大学 1 − 0 釧路教育大

 前節に引き続き、アウェーゲームとなった第7節。相手は強敵である釧路教育大で、共に1敗同士の対戦となった。試合前の情報によると相手の2トップは強力であり、その2人を押さえる事がこの試合のカギとなった。そしてこの試合ではいつも攻撃の軸となっていたFW宮川(6年)とMF押切(2年)がイエローカードの累積で出場停止処分を受けているため、いつもより厳しい試合になるということを誰もが予想していた。

 前半が始まると、やはり切迫した試合展開となった。噂の相手2トップは高い能力を持っていたが、札医大ディフェンスラインはこの日も鉄壁ぶりを見せ、チャンスを与えない。また、札医大はこの日、左サイドを使って攻める事が多かった。このサイド攻撃は再三釧路教育大のゴールを脅かしたが、なかなかゴールを割ることができず、前半は0−0のまま、ハーフタイムを迎えた。

 後半は相手もチャンスを作るが、GK大月(5年)のファインセーブなどによって、ゴールを許さない。そして相手に疲労の色が見え始めた後半38分、MF松田(4年)のシュートがゴールに突き刺さる。待望の先制点がようやく決まり、札医大が1−0とリードする。試合の残り時間は、ロスタイムも含めて10分弱といったところ。相手の猛追もチーム一丸の守備によって振りきり、タイムアップ。

 非常に苦しい試合ではあったが、1点差の試合をものにできたことはとても大きく、今後につながっていく大切な試合であった。またこの試合の勝利によって、2部リーグ昇格への望みを他力本願ながらもつなぐことができた。




第8節  10月18日(土) 14:15キックオフ
     岩見沢教育大グラウンド

札幌医科大学 2 − 0 北見工業大学

 札医大はここまで6勝1敗の勝ち点18で2位。首位の釧路公立大とは3差で2部昇格のためにはこれ以上負けることの出来ない状況であった。8戦目の相手は馴染みのない北見工業大学。相手の情報をなにも得られないまま戦うことになった。試合会場は岩見沢教育大学グランドで土のグランドであった。ピッチの土は試合前まで降っていた雨のせいだろうか湿っていた。試合当日の天候はくもり、肌にあたるとしみる風が吹いていた。しかし、雨がやんだのは幸いであろう。

 そして、2時15分ちょうどに遂にホイッスルは鳴った。ピッチ上の選手たちは落ち葉が舞う寒空のもとグランドに散っていった。フォーメンションはリーグ戦開幕以降うまく機能していた4−4−2のシステムを採用、中盤はダイヤモンド型であり、トップ下から前線につなげる攻撃やサイドからクロスをあげトップにあわせる攻撃が特徴的である。

 試合開始後、札医大はいいペースで攻めていた。そして前半11分、流れるような攻撃の中から札医大は先制した。右サイドから上がってきたDF池田(3年)からのセンタリングをペナルティーエリア右隅にいたFW宮川(6年)が受け、きっちり決め先制点をたたき出した。その後は一進一退の攻防が続いた。しかし、前半終了前、チームの攻撃の要であるFW宮川(6年)が足の痛みを訴え負傷退場し流れが変わった。そして、嫌な流れのまま前半は終了した。

 後半開始後、札医大は中盤でボールを奪われることが多く、なかなかトップにボールを供給できない状況が続いた。そのため、カウンターで相手にあわやゴールかというシュートを放たれることもあった。しかし、後半24分、負傷退場したFW宮川(6年)に代わって投入されたFW筬井(3年)がゴール正面付近から放った矢のような強烈なミドルシュートをゴールネットに突き刺さし追加点を奪った。ピッチ上の選手たちやベンチにいた選手たちが一瞬静まりかえるほどの鮮烈なゴールであった。このゴールによってそれまでの悪い流れは断ち切れ、札医大は勝利に向けて大きく前進した。その後、両者の中盤でボールの奪い合いが続いた。そして、遂に主審のホイッスルがなり、非常に長く感じた試合の幕が下ろされた。

 結局、札医大は2−0の完封勝利で相手を下した。この勝利によって、2部昇格への望みをなんとか最終節に持ち越すことが出来たのだ。FW宮川(6年)の負傷はチームにとって大きな代償となったが非常に価値のある勝利であった。




第9節  10月19日(日) 9:00キックオフ
     江別市・酪農学園大学グラウンド

札幌医科大学 1 − 1 東京農業大学

 札医大はここまで7勝1敗の勝ち点21で2位。首位の釧路公立大とは2差でこの試合に勝たなければ2部昇格の可能性がほぼ消えるという大事な一戦であった。最終節の相手は東農大。試合会場は酪農学園大学のグランドで前日に続いて土のグランドであった。ピッチ上は夜から降っていた雨のせいでサイドを中心に所々水溜りができている最悪の状態であった。試合当日の天候はくもり、朝ということもあり風は非常に冷たかった。

 9時ちょうどにホイッスルは鳴った。ピッチ上の選手たちは冬の気配を感じるグランドに散っていった。フォーメンションは前節に続きリーグ戦開幕以降うまく機能していた4−4−2のシステムを採用、中盤はダイヤモンド型であり、トップ下から前線につなげる攻撃やサイドからクロスをあげトップにあわせる攻撃が特徴的である。しかし、チームの攻撃の要であるFW宮川(6年)は前日の試合で肉離れを起こしていたためベンチから見守るという苦しい試合であった。

 試合開始後、札医大は一方的にボールを支配し相手ゴールに迫った。しかし、この試合に絶対勝たなければならないというプレッシャーのせいであろうか、あと一歩でゴールという状況が続いた。そんななか相手は一瞬の隙をつき札医大ゴールに迫った。そして、悲劇が起こった。ハンドから生まれたFKを相手がペナルティーエリア外から蹴った直後だった。主審は笛を吹き試合を止め、PKを指示した。なんと相手が蹴ったボールがDFの手に当たって、またもやハンドをとられてしまったのだ。東農大のキッカーはこのPKを確実に決め、札医大は先取点を許すことになってしまった。その後、札医大は何度かチャンスはあったもののゴールを奪うことは出来なかった。結局、そのまま前半は終了した。

 後半開始とともに、前日の試合で負傷していたFW宮川(6年)が投入された。宮川の気合がチームの流れを変えたのか、後半に入ってから札医大の攻撃のリズムが非常に良くなった。何度も相手ゴールに迫り、相手チームを何度も脅かした。そして、遂に同点ゴールが生まれた。痛みを押して強行出場していたFW宮川(6年)がペナルティーエリア内に一気に飛び出しパスを受け、そこからゴールエリア内左隅にいたMF筬井(3年)に正確につなげ、筬井が相手ゴールにボールを叩き込んだ。劇的な同点ゴールであった。その後も札医大の波状攻撃が続いた。しかし、相手のゴールキーパーのファインセーブにも阻まれゴールネットを揺らすことは出来なかった。そして、遂に試合終了を告げるホイッスルが鳴ってしまった。

 結局、札医大は決勝点をあげることが出来ず1−1のドローで最終戦を終えた。2部昇格の可能性をかすかに残したものの厳しい状況に追い込まれリーグ戦は終了した。


最終的に、札医大は7勝1敗1分の勝ち点22で2位に終わり、2部昇格の夢は破れました。


BACK